ひよこ書店
中古書籍 販売・買取
プロフィール

ひよこ⭐︎

Author:ひよこ⭐︎
はじめまして。
那須にある吹けば飛ぶようなちっちゃな古本屋さんです。
今はインターネット販売のみですが、早く店舗販売もできるように、発送・買取担当のBUTAさんと仕入担当のひよこで奮闘中です。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
785位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
83位
サブジャンルランキングを見る>>

2020年10月 美容室Lauleleに委託お願いしてきました(^^)
20201014202503433.jpeg


しばらくお休みしていましたが
那須塩原の美容室Lauleleさんに
文庫本の委託をしてきました( ´∀`*)

昨日の夜にブタさんと朝8時までPOPや買取チラシ
ショップカードを作ってなんとか間に合いました<(^^;;)

今週末の土日には2回目の参加となる
「那須高原古谷祭り」なので
連日準備に追われていますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

前回は文庫本が中心だったので、
今回はクリスマスや冬の絵本
参考書、古書など色々持っていく予定です( ^∀^)
良かったら遊びに来てください♪

「第5回 那須高原古本祭り」
2020年10月17日(土)、18日(日)
時間:9:30〜15:00
場所:那須高原ブックセンター

委託中の美容室さんはこちらです↓
Hair salon Lauleleさん


那須塩原市
オンライン専門店 中古書籍買取・販売 ひよこ書店

20200216133015dc5.jpeg

ひよこのお店HP

by ひよこ店長
大人になってから見つけたおすすめの絵本(^^)
20200928100925ce7.jpeg


子供の頃から好きな絵本を
いくつか紹介しましたが
今回は大人になってから読んで
素敵だと思った絵本3冊です(*╹◡╹*)

2020092810125619c.jpeg


「ルリユールおじさん」
2007年 理論社
伊勢英子さん

女の子が壊れてしまった本を治してもらおうと
パリの街で見つけた本のお医者さん
ルリユールのおじさんとの物語。

ボロボロになるまで読んだ大好きな絵本を
テープで治してくれた姉との思い出が蘇ってきて
ほっこりしました(´∀`*)

(めっちゃ個人的な感想ですねw)

20200928101133403.jpeg


20200928101329647.jpeg


「うさぎのくれたバレエシューズ」
1989年 小峰書店
文:安房直子さん 絵:南塚直子さん

ダンスがうまくなりたい女の子が
うさぎさんに出会って一緒に桜色の
バレエシューズを作って踊るお話。

不思議な世界へ迷い込んでしまう系が
好きで、うさぎさんと桜色がなんともかわいい
絵本でした。
習い事をしている子におすすめですね(^^)

202009281015035d7.jpeg


「ロッタちゃんとじてんしゃ」
1976年 偕成社 スウェーデン
作:リンドグレーンさん
絵:ヴィークランドさん
訳:やまむろしずかさん

誕生日に自転車が欲しくて
こっそり大人の自転車に乗ってしまうお話。

スェーデンの絵本で絵の雰囲気が日本とは
違いますよね。おてんばなロッタちゃんが
可愛くて小さい頃の自分と重ねて読んでました。

本当に絵本って良いですね♪
ひよこ書店を絵本でいっぱいにしたいですね。
海外の絵本とかも仕入れに行きたいです!
あっ英語勉強しないとですね<(-∀-;;)テヘッ

10月の那須高原古本祭りでは
文庫本やクリスマスの絵本を持って行く予定です。
他には参考書なども検討中です(^^)
お楽しみに♪

【 お知らせ 】
那須塩原 中古書籍販売・買取専門店
「ひよこ書店」の次回出店予定 (*^▽^*)ノ

2020年10月17日(土)、18日(日)
「第5回 那須高原古本祭り」
那須高原ブックセンター

メルカリ ひよこ⭐︎
メルカリ ひよこ⭐︎

テーマ:絵本・児童書 - ジャンル:本・雑誌

2020 ひよこの夏
20200907110750cdd.jpeg


那須は長い梅雨が明け、猛暑が続き
9月に入りやや涼しくなってきました(^^)

今年も北海道の母からじゃがいもにナス
きゅうり、とうもろこし、ミニトマト、ししとう
梅ジャムなど、たくさんの野菜が届きました。

20200907110957439.jpeg


この夏、ひよこ書店に新しい仲間が来ました。
コンビニの入り口にいたクワちゃん
(クワガタのメス)と昆虫ワールドで出会った
クワちゃん2匹です。

202009071108312ba.jpeg


「この可愛い子は誰ですか!?」
と言うくらい可愛く透き通った歌声の松田聖子さん
レコードが入ってきたので、動作確認のために
レコードプレーヤーを購入したのですが
なんとも言えない音の響き♪
レコードをかけただけで生活に潤いと癒しが
生まれ、ただいま80年代ブームが来ております。

と言うことでレコードの買取も始めましたに(^^)

20200907111614fa4.jpeg

妖怪あまびえ(ひよこバージョン)

10月には那須ブックセンターで行われる
古本祭りにも参加する事が決まりました!
只今準備中です。

大変な時期ですが、厄災に負けず
頑張ります!٩(^‿^)۶

ひよこのお店 SUZURI
ひよこのお店 SUZURI

テーマ:日記 - ジャンル:日記

やっぱり絵本が大好き2 (^◇^*)
202007040023246a0.jpeg


甥っ子と姪っ子に送る本が決まりました!
お母さん(姉)の意見を取り入れて、
姪っ子には「ぐりとぐら」
甥っ子には「もりのおふろ」
お母さんには「ねこのオーランドー」を
プレゼントすることにしました。(о´∀`о)

202007040023596ba.jpeg


「もりのおふろ」
(西村敏雄 2004年 福音館書店)

なぜかもりの中にお風呂があります(^^;)
まずライオンやってきて、体を洗っていると
次にやって来たゾウが背中を流してくれます。
そして、また次の動物が来て、背中を流すうちに
お風呂の周りをぐるっと動物たちが囲んで
みんなで背中を流しっこしてお風呂に入るお話。
5歳の甥っ子はこういうのが好きだそうですw

「ねこのオーランドー 農場をかう」
(キャスリーン・ヘイル 訳:脇明子
1996年 童話館出版 イギリス)

ねこのオーランドーは子供の時に何度も読みました。
「農場をかう」は跡取りのいない農場を買い、
農場のお母さんと一緒に農場を立て直していくお話。
農場のお仕事が良くわかる絵本です。(^^)

ストーリーも好きですが、なにより
キャスリーン・ヘイルさんの描くねこたちが
かわいくて!
かわいくて!(>v<*)
絵だけでも面白いので、子供から大人まで
楽しめる絵本だと思い選びました。

202007040024363dd.jpeg


他にも候補に挙げた絵本は
「どろんこハリー」1964年
「うみべのハリー」1967年
(文:ジーン・ジオン絵:マーガレット・ブロイ・グレア
訳:わたなべ しげお 福音館書店 アメリカ)

2020070401121142d.jpeg


姉が持っていたので見送りになりましたが
白に黒いぶちのわんちゃんハリーが主役の絵本。
いつも、一人で冒険に出て、泥だらけになって
飼い主さんに気づいてもらえなかったり
海藻をかぶって怪獣扱いされて迷子になったり
するのですが、最後には家族の元に帰れるお話です。

大人になって久しぶりに読みまいたが
お風呂が嫌いで逃げ出したハリーが
汚れを落としてもらうために
ブラシをくわえて、階段を駆け上がるシーンを
鮮明に覚えていました。( ´ ▽ ` )

20200704002524587.jpeg


「きょうはなんのひ?」
(作:瀬田貞二/絵:林明子
1979年 福音館書店)

「はじめてのキャンプ」
(林明子 1984年 福音館書店)

2020070400272848f.jpeg


なんのひ?は両親の結婚記念日を祝う娘が
家のあちこちに隠した宝探しのヒントが書かれたメモを
お母さんが探すお話。
びっくりするようなところに隠してあるので、
お子さんと一緒に考えながら読むのも楽しいと思います。

キャンプもタッチは違いますが林明子さんの絵です。
小さいころ、キャンプ道具を広げている絵が好きで何度も
見ていました。
今見ると、テントの中のシーンや、キャンプファイヤーで
火をつける場面、星空を見上げるシーンなど、少ない色と
最小限の線だけで表情や場面の雰囲気を表現していて
すごいなぁ~とあらためて思いました。

大人になっても、こんなに心が揺さぶられる絵本って
本当に素敵ですね。(#^ ^#)

Amazon ひよこ書店
Amazon ひよこ書店

那須塩原市、中古書籍買取強化中です。
ひよこ書店



テーマ:絵本・児童書 - ジャンル:本・雑誌

やっぱり絵本が大好き♪ (*´꒳`*)
20200630124445551.jpeg


最近、大切な人への贈り物に本を選ぶのが
楽しみです♪

相手の事を思って色々選ぶ時間も
本についての感想を話し合う時間も(*^^*)

今日は5歳の甥っ子と2歳の姪っ子への
絵本を選んでいます。

もう持ってる可能性があるので、
お母さんに確認してから贈ります(。-∀-)

20200630124519c7b.jpeg


なぞなぞが好きと言うことで、
自分も好きだった「なぞなぞえほん (1988年)」と
2004年の「ぐりとぐらのあいうえおと1・2・3」が
(作:中川李枝子,絵:山脇百合子/福音館書店)
最有力候補(o^^o)
20200630124704cfd.jpeg


他には
1986年「3びきのこぐまさん」
(作:村山籌子,絵:村山知義/婦人之友社)
1965年「ぐるんぱのようちえん」
(作:西内ミナミ,絵:堀内誠一/福音館書店)
1987年「パンやのくまさん」
(作・絵:フィービとセルビ・ウォージントン
 訳:まさき るりこ 福音館書店)

こぐまとぐるんぱは子供の頃に何度も読んだ絵本です。
やんちゃな3匹のこぐまに振り回されるお母さんが
なんとも言えなくて、大好きです。
ぐるんぱは大き過ぎて何を作っても
怒られちゃうんですが、最後に幼稚園の
子どもたちと仲良く遊ぶシーンが心温まります。

パンやのくまさんは初めて読みました。
イギリスの絵本で
ぬいぐるみのようなくまさんが
朝からパンを焼いて車で売りに行き、
配達が終わったら店番をして、もらったお金を
缶に入れて眠るという1日を描いています。
なんとも味わいがあってかわいい絵で
街の人との関係も素敵で、私もこんなお店を
作れたらいいなぁと思いました(´∀`)

何十年も愛され続ける絵本って本当に
素敵ですね。
店舗が持てたら、絵本もいっぱい並べたいです♪

メルカリ ひよこ⭐︎
メルカリ ひよこ⭐︎

那須塩原市、中古書籍買取強化中です。
ひよこ書店

テーマ:絵本・児童書 - ジャンル:本・雑誌